店舗紹介-近江フーズサービス(食肉総合卸)

こんにちは!
引き続き、今週も東久留米卸売市場の店舗紹介をしていきます。
市場の専門知識の無い僕が書くブログです。
自分なりの言葉で感じたまま書いていきますね。

今回は、近江フーズサービス(食肉総合卸)さんをご紹介します。
取扱いは、A5ランクの国産黒毛和牛を中心に各種類(豚、鶏、馬肉、ホルモン系)となっております。
市場内マップでお店の位置をご確認ください。

 

まず、店頭冷蔵庫の中のお肉のご紹介に行く前に…
市場のお肉屋さんや魚屋さんはバックヤードに加工場があるわけですよね。
これってすごくありがたいことだと思うんです。
なぜなら、あらゆるニーズのお客様がいらしても、臨機応変にその場で対応ができるわけです。
サイズだとか組み合わせだとか…。

こちらが加工場です。
写真をOKして頂けると思わなかったので驚きましたが、
やはりさすが!衛生面には細心の注意を払い、とても清潔に保たれていますね。
撮影のご協力ありがとうございましたm(__)m

さぁ、店頭に戻っていきましょう。
まず目についたのがこのプレートです!
僕なりに要約させてもらいますけど…
佐賀牛の特選黒毛和牛がめちゃくちゃ美味しいって意味ですよね?(笑)
そして、味と質で選ぶなら地養鳥の鶏肉がサイコーだって意味ですね!?(笑)
地鶏とこの地養鳥の違いについてはネットで調べてみたのですが、地鶏のような厳格な規定はないものの、地鶏のハーフやクォーターで、特別な飼料を与えて自然環境で育てた良質の鶏肉だそうです。

恒例の質問「専門的な商品を教えてください」をぶつけてみました。
黒毛和牛、黒豚、銘柄豚、軍鶏、銘柄鶏ほか、各種牛豚内臓など」とのこと。

季節別にみると
春夏はBBQ用の肉、秋冬はすき焼きやしゃぶしゃぶなどが代表的な商品だそうです。
完全に日本人のライフスタイルに密着していますよね。
僕も暖かい時期にBBQするし、秋冬は鍋ですもん。

さぁ、お肉の写真です!
どれも色艶がとてもいいですね。
左から牛肉、豚肉、鶏肉です。(スマホの場合には上から順に牛肉、豚肉、鶏肉)
是非是非、黒毛和牛と地養鳥は頂きたいですね!

続いては、近江フーズさんのホルモン!種類の多さには驚きです!
珍しい部位も取り扱っており、欲しい部位があれば問い合わせてくれれば対応してくれるそうです。
テッポー(直腸)やコブクロ(子宮)、コメカミ(ホホ肉)などはスーパーにはあまりないと思います。
これってやっぱり市場ならではのサービスですよね。

豚コメカミ?初耳です… いわゆる「かしら」ですね。
クックパッドでのレシピには焼き肉のようにしている方やとんかつにしている方、スープや炊き込みご飯に調理されている方もいました。
レビューみると美味しそうです。柔らかい食感のようですね。

馬刺しの真空パックもありました。

先日、お寿司のネタで炙り馬刺しっていうのを頂いたんですが、とっても美味しかったです!
僕の周りにも馬刺し大好きな人が多いです。みなさんはどうですか?

また、FMひがしくるめ(東久留米のラジオ局)のカード「くるめラカード」を提示いただくと、黒毛和牛切り落としのお値引きをしていただけます。
Clubくるめラ加盟店の地域密着型のサービスも嬉しいですね!

 

いかがでしたか?
今回は近江フーズサービス(食肉総合卸)さんをご紹介しました。

このブログをご覧になった方は、ぜひ近江フーズサービスさんに足を運んでみてくださいね。
スタッフ一同お待ちしております!

近江フーズサービス公式サイトはこちら
http://oumi-foods-service.co.jp/

以上、わたなべがレポートいたしました。