店舗紹介-丸山海苔店(のり・お茶)

こんにちは!
引き続き、今週も東久留米卸売市場の店舗紹介をしていきます。
市場の専門知識の無い僕が書くブログです。
自分なりの言葉で感じたまま書いていきますね。

今回は丸山海苔店(のり・お茶)さんをご紹介します。
主な取り扱いは、海苔製品とお茶です。

市場内マップでお店の位置をご確認ください。

 

まずは、お店の歴史、創業についてお尋ねしました。
なんと!創業は安政元年 (1854年)
ペリーが浦賀に来航したあの時代に創業です。
数えること百六十余年です。すごい歴史ですよね。

↑(1854年)横浜への黒船来航 / ヴィルヘルム・ハイネ

店内を見渡すと、いわゆる「市場」っていうよりは、なんとなく上品な雰囲気のある陳列。
棚の上に整然と並べられた商品が印象的でした。

それと、工場直送のあらゆる産地の海苔があって驚きました。
きっと産地によって特徴があるんだろうな…と予想しながら写真を撮りました。
試食があって食べ比べできるっていうのも嬉しいですよね。
そこには店主のこだわりがあるそうで、文末に書いてありますので必読です!
 

丸山海苔店は、江戸の時代から海苔のうまさを磨き上げている築地の老舗です。
どんなところが取引先なのかお聞きすると、高級寿司店をはじめ、料亭、ホテルなど、関東一円三千軒!
まさに、味の玄人から信頼されている証しだなぁと思いました。

また取引先の中には、レストランガイド「ミシュラン東京」で、三ツ星寿司店をはじめ、数多くのお得意様が星を獲得された名店揃い!Σ(・ω・ノ)ノ!
名店の歴史の一端を担っているといっても過言じゃないと思います。
プロに信頼・愛用され続けている実績。
いやぁ老舗ってすごいわぁ。

次に恒例の質問で、季節の代表商品をお尋ねしました。
冬:新海苔、贈答用海苔
春:新茶
夏:贈答用海苔、冷茶
秋:焼きたて海苔、蔵出新茶

そうなると、今は新海苔、贈答用の海苔がメインということになるわけです!
お歳暮、お中元時期に海苔の詰め合わせを贈ったら確実に喜ばれますものね。
もしも我が家で頂いたら、家族で小躍りするほど喜びます(笑)

最後に店主さんからひと言。
「当店はプロの職人たちがこだわる産地や焼き方、色艶や歯切れの良さなど、数々のご要望に応え、関東一円三千軒のプロにご愛用いただいております。
また店頭では、一般のお客様にもプロの味をお楽しみいただけるよう、ご家庭とご贈答用商品を取り揃えて、プロの味を工場直送でお届けしています。」

スタッフさんに色々質問しながら、用途や好みに合わせて選べるのも丸山海苔店さんならではの強みですね。
プロがこだわって到達した海苔を家庭の食卓に迎えるなんて、なんて豊かなんでしょう。

いかがでしたか?
今回は海苔とお茶の丸山海苔店さんのご紹介をしました。

このブログをご覧になった方はぜひ丸山海苔店さんに足を運んでみてくださいね。
スタッフ一同お待ちしております!

公式ホームページ:http://www.maruyamanori.com/

以上、わたなべがレポートいたしました。