目玉商品紹介-ササキミート(食肉)

こんにちは!
2019年6月から続けてきた東久留米市場の店舗紹介ブログ。
お陰様でひと廻りしましたので、ここからは各店舗の目玉商品、おすすめ商品、ここでしか買えない商品をご紹介していきますね。
引き続き、ブログ担当は市場の専門知識の無い僕(わたなべ)です。
どうぞよろしくお願いいたします!

今回ご紹介するのはササキミート(食肉)さんです。
ササキミートさんの店舗紹介の記事はこちら

 

前回もご紹介したとおり、ササキミートさんは「国産」にこだわった品揃えが自慢です。
今回ご紹介する目玉商品はこの2つ!
「山形牛・米沢牛 (すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ、焼肉) 」
「山形牛入り和牛100%メンチカツ(土日限定)」

おすすめポイントをお聞きしました。
「産地より厳選された山形牛・米沢牛をセリで一頭買いしております。上質な脂の甘みが強い牛肉です。部位表示もしていますので食べ比べをして楽しめます。(一頭買いだからできることです)」

一頭買い!改めてお聞きしてビックリしました!
部位による食べ比べだなんて贅沢な感じで嬉しいですね。
牛肉部位図も参考までにご覧ください。

左)山形牛サーロイン 右)山形牛ヒレ
ここはどちらも美しいほどのサシ(霜降り)です!うっとりしちゃいますよね。
美味しいステーキならペロリと平らげてしまいそう・・・
 

 

左)米沢牛焼肉用(ランプ) 右)山形牛ブロック(外モモ)
 
ランプやモモ肉は脂少なめな赤身に近い部位です。
健康志向の方からは絶大な支持があります!
コスパもいいというのも人気の理由かもしれません。

 

左)山形牛焼肉用(カイノミ) 右)山形牛焼肉用(ザブトン)

初めて聞く部位名です(汗)早速検索してみました。
カイノミは「バラの中でヒレに一番近く、赤身の美味さや柔らかさを兼ね備えている部位」
ザブトンは「肩ロースのあばら骨側にある肉。肩ロースの中でもしっかりとサシが入る部位」
どちらも、赤身と霜降りのバランスが絶妙ですね!

 

左)山形牛焼肉用(内モモ) 右)山形牛焼肉用(肩ロース)

 

山形牛焼肉用(ササミ)

「牛肉でササミ!?」と思ってしまいました(汗)
鶏でササミといえば脂の少ない淡白な部位を指しますが、別名「ササバラ」と呼ばれるバラ肉の一部分のことです。
腹側にあるバラ肉を外バラと言い(上の牛の画像を参照)、その外バラの一部でモモの付け根側にあるのが「ササミ」です。
そこそこの希少部位です。一頭買いならではですね!
肉質は、きめ細かく、赤身とサシのバランスもキレイです。
たっぷりサシが入っているように見えるかもしれませんが、その割りにくどさはなく食べやすいです。

 

続いての目玉商品は「山形牛入り和牛100%メンチカツ(土日限定)」
「山形牛和牛100%のお肉をつなぎを使わず牛肉の旨味を味わえるメンチカツです。お店で1つずつ手作りで作っているので土日のみの販売になります。是非ご賞味ください!」

限定100個で1個250円(税抜)/270円(税込)
揚げ始めは朝8:00から、販売は朝8:15からです!
(山形牛と国産牛、卵、乳、小麦粉を使用)

 

いかがでしたか?

外出自粛の折、ご家庭の食卓でご賞味いただきたいです。
食べた!という方はブログやSNSへのコメントをお待ちしております!

このブログをご覧になった方はぜひササキミートさんに足を運んでみてくださいね。
スタッフに「ブログ読んだよ」とひと言お声がけ頂けたら嬉しいです。
スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております!

以上、わたなべがレポートいたしました。